アンテナに関する悩み解決します│アンテナ工事業者の取り組み

解体するだけではない

工事現場

解体工事における分別解体について

住宅を建て直す時には解体工事が必要になりますが、解体工事と言うのは建物を取り壊すだけではなく、建物を取り壊すためにはリサイクルを考えて行なう必要が有るのです。昔の解体工事と言うのは重機を使って建物を取り壊す事が目的でしたが、現在では建物を取り壊すと同時に、建物に利用されていた建材などをリサイクルする事が義務付けられており、単に取り壊すだけではなく取り壊す時にはリサイクルをし易い状態で取り壊す事が必要となり、分別解体と呼ばれる方法が必要になるのです。分別解体と言うのは、リサイクルをし易い状態で解体工事を進めることが必要となるもので、リサイクル資源をそれぞれ分類しながら取り壊すのが分別解体です。因みに、プラスチック、アルミ缶、燃えるゴミと言ったゴミを分別する事が必要なりますが、解体工事においても分別する事が必要となるのです。

マニュフェストについて

建築物を取り壊した後はそこには大量の廃材が出て来ることになります。分別解体によりリサイクルがし易い状態になりますが、廃材はトラックに積み込まれて処理場へと運ばれていきます。尚、取り壊しが完了した時点からマニュフェストが作り出され、トラックで廃材が輸送され、どこにそれが持ち込まれたのかなどをマニュフェストに記載が行なわれていくのです。マニュフェストは、どこで解体が行なわれ、どのような廃材が輸送されたのか、そして最終処分が行なわれるまでの過程をマニュフェストに記載が行なわれていく事になります。また、マニュフェストが有る事で輸送中に不法投棄を行なう事が出来なくなるなどのメリットが有る事からも、解体工事を依頼する側も安心して工事を依頼することが出来るのです。